親として娘を愛する気持ち

親となる前は、きちんと育てられるか不安でした。妊娠後期はもうすでに親の気持ちになっていました。
生まれてからは、さらに親としての責任を感じました。育て始めて親の苦労が染々伝わってきました。

親も愛情をいっぱい伝えたんだろうなという気持ちがありました。

泣いても怒っても娘は娘、可愛いです。4歳になった今でも可愛いくてたまりません。
愛する事で、私は強くなりました。

親バカですが、皆さんが親になったら、きっと同じ気持ちだと思います。


頑張って働いて何かいっぱいしてあげたい、その思い一心です。
守ってあげたい、小さな体を。毎日楽しい思い出を作ってあげたい。

嫌な事はあまりさせたくない。これも全て親心かな。

何かする為にはお金が必要。
その為には精一杯働く事しかありません。
小さな可愛い娘の為にも。